健康増進フェスタin沼津に参加しました

23日、「統合医療に学ぶ・心と体の健康増進フェスタin沼津」が沼津市で開催され参加しました。
本校創立60周年市民公開講演の講師をおつとめ頂いた山本竜隆先生の基調講演では、個人の健康に対する社会環境整備の必要性や、これからの地域医療型統合医療においては多様な人たちが関わる社会的処方箋の重要性などを説かれました。
 
講演後には、衆議院議員、県議、元沼津市医師会長、副市長、市議会議長、健康福祉関係各課の課長などを交えて「統合医療によるまちづくり懇談会」が行われました。
私は鍼灸マッサージ師の立場から、本校における介護予防や臨床センターの在宅医療マッサージなどの事例を交えつつ、東洋医学の未病の考え方やその実践が今の時代にこそ必要であること、地域ケアや健康づくりには地域の特性に応じた多様な人材や社会資源を活用すべきことなどを述べさせて頂きました。
 
今後もこうした機会に参加させて頂き、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師が地域包括ケアの一翼を担う職種であることを伝えていきたいと思います。(杉山誠一)